新築注文住宅と建築士との話し合い、

注文住宅を造る場合は、其の最大のメリットとして自分や家族の意思が充分に尊重され発揮される事でしょう。 例えば、住宅様式にも色々有って木造の和式様式とか、鉄骨つくりの洋式とか、自分なりの構想を練り上げる事も出来ます。

確かに、注文住宅というのは家族や自分達の意思が充分に反映されますが、その後は基本的には建築士に依頼することが基本になります。 其れが大事な利点がにもなりますので、あせらずゆっくりと時間をかけて、建築士とも話し合いを勧めながら進めることができるのです。

ところで、この建築士さんというのは、事務所などに看板などが掲げられている通り一級とか2級などと記されています。 此れは国が定める「建築士法」において、建物の設計業務や其の工事に関する監理業務を法に基ずいて行うもので、公に許認可されている資格を有する人たちのことです。

勿論、建築士に頼まなくとも住宅は造れない事は無いですが、実は工務店にしろ建築会社にしろ、基本的には建築士さんが基本設計などを行っているのが普通の事になるようです。