木造住宅で癒しの空間

家を建てたなら、その家でくつろぎたいと考えるはずです。木造住宅の魅力の一つが、くつろげる空間を作ってくれることです。
木造住宅には、ヒノキや杉などの木材が使用されます。これらはよい香りがする木材です。
森林の中に過ごすと癒された経験がありませんか。木材が出す香りなどが癒しを与えてくれるといわれています。家の場合もこの働きが期待できます。
また、木造住宅は視覚的な癒しも与えてくれます。自然のものを目にしてほっとした経験を持つ方もいることでしょう。家は1日の中でも長く過ごす場所です。つまり、よく目にするということです。よく目にするものが優しい感じを持っていれば、癒しの働きが期待できます。
木材には調湿効果があり、空気が乾燥しているときには蓄えていた水分を放出して、湿度を高めてくれて、湿度が高いときには空気中の水分を木材が吸収して、じめじめ感が和らぎます。温度と湿度に気を配ることで、心地よく過ごせる空間になります。