購入予定の家の近所の人に話を聞こう

家を購入する前に、ぜひして欲しいことを紹介します。気に入った一戸建ての家を見つけたら、欲しいという気持ちが強くなりすぎてしまい全肯定してしまいがちですが、そのような「欲目」で物件を見るのは避けましょう。家を見る時は常に冷静な目で見るようにしてください。さらに家の近所の人に話を聞いてみると良いでしょう。そこに住んでいる人にしかわからないことがあるためです。例えばカラスが多く、ゴミの被害が多いなどという情報は、そこに住んでいる人にしかわからないためです。また綺麗に見える住宅地でも、大きな音を立てる家があったり、嫌な気持ちにさせるにおいを発するような施設があるなど、目に見えない欠点があるかもしれません。このような目に見えない欠点をあぶり出すためにも、購入したい土地の周辺に住む人を訪ねて、話を聞いてみましょう。いくつかの問題が見つかった時、それでも住みたいと思えれば、購入の決断ができます。事前に心の準備をして対策を立てて置けば、後になって失敗したと思うこともないはずです。