家事の利便性第一の住宅設計を依頼して

家事は夫婦で分担しつつも、なるべくロス無く快適に行いたい…という希望から、住宅設計事務所には台所仕事と洗濯、物干しとの距離がなるべく最短となる様設計を依頼しました。
便利な収納スペースの確保や園芸を楽しめるバルコニーを始めリクエストの数は多かったものの、いずれの希望にもハイレベルな設計で応えてくれ、大満足のマイホームが出来上がりました。
キッチンと物干し場となるバルコニーとを隣接させると共に、リビングからだけでなくキッチンからも直接アクセス出来る様、キッチン横に別途ドアを設置してくれました。またキッチンと壁一つ向かい合う形で洗濯機を置ける様になり、水仕事と洗濯の両立を大変スムーズにこなせる様になったのです。
育ち盛りの子供も2人おり、日々の洗濯量も多い事から、特に洗面所は間取りを広めに取り、衣類の収納スペースや室内干しのエリアを確保したのも吉と出ました。
これまで住んでいたマンションとは比較にならない程部屋の中が片付き、家事が楽になったのは事実です。