家族の意見を重視すれば最高の家になる

私が新築の一戸建てで新しい人生を始めたいと考えた動機は家族が本気で造りたかっていたからです。私は妻と子供が望むような間取りの一戸建てでいっしょに暮らすことができれば最高だと考えていました。私は外装に使う材料に多くの費用をかければ自慢できるような豪華な一戸建てを持つことができると思いました。私はなるべく多くのお金を使って一戸建てを造りたいと感じていたのですが、無駄な設備のある家にするのは避けたかったです。私は家族と生活をするためにどうしても必要になる設備は何かをじっくり想像しました。私は一戸建てを家族のために造ったことを後悔したくなかったので家族の意見を重視することに決めました。私は徹底的にこだわるために家族と長時間話し合いました。私は一般的なデザインの外観にするのは避けたかったので見栄えのする外観になるように工夫しました。その結果、オリジナリティの高いおしゃれな外観の一戸建てを造って家族と住むことができました。